スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
2010.1.22~24 京都・滋賀(朽木)・福井(敦賀)
1月22日18時10分。東京発のぞみ53号に乗りました。

今回はほぼ定時に職場を出たので、いつもより早く京都に到着。
最初の頃は「京都まで来た」という気持ちが強かったのですが、
だんだんと馴染み深くなっている自分に気付きました。
日本の歴史や情緒がたっぷりで、
大切な人の住む京都が私は大好きです。

待ち合わせまで駅の構内でお土産を探していました。
お漬物と京野菜(特に九条ねぎ)がいつも気になってしまいます。
さすがに新幹線でおネギを持ち帰るわけにはいきませんねっ。
今回は家族に小物のお土産を買うつもりだったのですが、
可愛いものがたくさんで悩んでしまい時間が足りませんでした(ノ_;)
本当はいつもお世話になってる職場の方々にも
お土産を渡したいなって毎回のように思うんです。
お忍びでごめんなさい。

一目惚れしてしまい即決購入。ちりめんの定期入れ。
下鴨神社の媛守りとおそろいの紅葉です。

定期入れ1


土曜日は 鯖街道 を通り、滋賀県の朽木にある くつき温泉てんくう にいきました。

鴨川沿いの川端通りをまっすぐドライブ。

鴨川沿い

比叡山。

比叡山

延暦寺は最澄(伝教大使)でしたね。
空海(弘法大使)は高野山の金剛峰寺です。


京都市左京区出町柳からの鯖街道。朽木までは国道367号線。
その昔、若狭湾でとれた鯖を夜も寝ないで京都に運んだ街道です。
京は遠ても十八里~♪と歌いながら昔の足で2日の旅。
京都に着く頃にはちょうどよい塩加減になったと言われ、
いつしか鯖街道の名がついたそうです。

鯖寿司のお話を聞いて食べたくて仕方なかった私。
まる姫で無事に購入する事ができました~。

鯖寿司①

インターネットで営業時間は不明と書いてありましたが、
女将さんに尋ねたところ本当に不明でした(笑
焼鯖寿司と鯖寿司を1本ずつ購入。嬉しかったです。
あとは試食ですごくおいしかった自家製のゆずみそ。
次に京都に行く時まで残っているかしら?
鯖の味噌煮定食もとても美味しそうでした。


グリーンパーク想い出の森内のくつき温泉てんくうに到着。
普通の女性風呂と木の湯。趣きの違う二種類のお風呂を楽しむ事ができました。

泉質はアルカリ性単純温泉。
少しとろみのついたお湯でした。
湯上がりはお肌すべすべ、時間がたつと驚くほどもちもちしっとり。
化粧水がなかったのでヒルロイドソフトを温泉で溶いて代用したのですが、
この季節にそれだけで長時間しっとり。驚きました。
今度温泉に行く時は小さなボトルを持って行こう。

そうそう、露天風呂で空を見上げていたら雪が降ってきたんです。
ほっこり温泉に浸かりながらふわふわと舞い落ちる雪。
時折、雲の隙間から月や星も見えてとても素敵でした。
美しい四季のある日本に生まれて本当に良かった。


同施設で「とちもち」と「黒まるこ」と「古代米」を買いました。

「とちもち」は初めていただきましたが、
どことなく懐かしさを感じる素朴な美味しさでした。
味を加えていない杵つき餅だったので素材の味が楽しめたかな。
触った時のずっしりとした重さと触感にびっくり。
ヒンヤリぷにぷにで気持ち良かったです。

「黒まるこ」は黒ゴマ・黒砂糖・黒蜜などを使った餅菓子です。
少し溶けしまったのでスプーンですくっていただきました。
ミネラルたっぷりそう!?とても体に良さそうな味でした。

朽木まるきゅうさんの「古代米」。

古代米

ポリフェノールやビタミンなど
体に良い栄養成分がたっぷりの黒米・赤米・緑米。
ご飯を作るときにさっそく炊こうと思います。楽しみ(*・¬・)


温泉のあとは福井県につれて行ってくれました。
北へむかう道中は色々な意味でスリリングで楽しいドライブでした。
運転していた彼氏さんはひやひやしていたのにごめんねw
もしも他の人の運転だったら怖くて固まっていたと思います。

道路に設置されていた除雪スプリンクラー。
それがもうすっごいのなんのって・・・。
はじめてみましたが色々と笑ってしまいました。
「そこまで?!」というくらいの水量が、
助手席のすぐ横やフロントガラスに直撃。
あれで事故が起きてしまうのではと思うほどで、
たまに車が下をくぐってしまうくらいの高さもありました。
あの水圧は自動洗車機顔負けの洗浄力だと思います。

そして初敦賀ラーメンを頂きました。
トンコツベースのスープにシコシコの麺。
一見普通そうなんですが個性的な味で美味しかったです。

敦賀フェリー乗り場にも行きました。
苫小牧行きのすいせんが停舶していました。

すいせん

昨年の夏、伊勢湾フェリーに乗りましたが規模が全然違いますね~。

福井銘菓の羽二重餅をお土産に買いました。

羽二重餅

キメ細かくなめらかなふんわりとした口当たり。お上品な和菓子です。

帰りは琵琶湖沿いをドライブして帰宅。
鳥人間コンテストでお馴染みの琵琶湖大橋を見ることもできました。
星空と湖の向側の街の灯がとてもきれいでした。


日曜日のお昼に念願の鯖寿司をいただきました。

鯖寿司②

とーーーーても美味しかったです(*・¬・)
鯖と酢飯の間の生姜がいい具合に甘酸っぱく
ゴマもとてもよいアクセントになっていました。
鯖が2枚でーんとのって、焼き鯖寿司は一折1300円。
特に焼き鯖寿司は初めて食べたのでとても斬新でした。

日本各地に美味しいものがたくさんありますね。
色々な美味しいものを探したいです。
べ、別に、食いしん坊じゃないんだからね?!
スポンサーサイト
【2010/01/29 22:23 】 | 滋賀 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。