スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
2010.1.22~24 京都・滋賀(朽木)・福井(敦賀)
1月22日18時10分。東京発のぞみ53号に乗りました。

今回はほぼ定時に職場を出たので、いつもより早く京都に到着。
最初の頃は「京都まで来た」という気持ちが強かったのですが、
だんだんと馴染み深くなっている自分に気付きました。
日本の歴史や情緒がたっぷりで、
大切な人の住む京都が私は大好きです。

待ち合わせまで駅の構内でお土産を探していました。
お漬物と京野菜(特に九条ねぎ)がいつも気になってしまいます。
さすがに新幹線でおネギを持ち帰るわけにはいきませんねっ。
今回は家族に小物のお土産を買うつもりだったのですが、
可愛いものがたくさんで悩んでしまい時間が足りませんでした(ノ_;)
本当はいつもお世話になってる職場の方々にも
お土産を渡したいなって毎回のように思うんです。
お忍びでごめんなさい。

一目惚れしてしまい即決購入。ちりめんの定期入れ。
下鴨神社の媛守りとおそろいの紅葉です。

定期入れ1


土曜日は 鯖街道 を通り、滋賀県の朽木にある くつき温泉てんくう にいきました。

鴨川沿いの川端通りをまっすぐドライブ。

鴨川沿い

比叡山。

比叡山

延暦寺は最澄(伝教大使)でしたね。
空海(弘法大使)は高野山の金剛峰寺です。


京都市左京区出町柳からの鯖街道。朽木までは国道367号線。
その昔、若狭湾でとれた鯖を夜も寝ないで京都に運んだ街道です。
京は遠ても十八里~♪と歌いながら昔の足で2日の旅。
京都に着く頃にはちょうどよい塩加減になったと言われ、
いつしか鯖街道の名がついたそうです。

鯖寿司のお話を聞いて食べたくて仕方なかった私。
まる姫で無事に購入する事ができました~。

鯖寿司①

インターネットで営業時間は不明と書いてありましたが、
女将さんに尋ねたところ本当に不明でした(笑
焼鯖寿司と鯖寿司を1本ずつ購入。嬉しかったです。
あとは試食ですごくおいしかった自家製のゆずみそ。
次に京都に行く時まで残っているかしら?
鯖の味噌煮定食もとても美味しそうでした。


グリーンパーク想い出の森内のくつき温泉てんくうに到着。
普通の女性風呂と木の湯。趣きの違う二種類のお風呂を楽しむ事ができました。

泉質はアルカリ性単純温泉。
少しとろみのついたお湯でした。
湯上がりはお肌すべすべ、時間がたつと驚くほどもちもちしっとり。
化粧水がなかったのでヒルロイドソフトを温泉で溶いて代用したのですが、
この季節にそれだけで長時間しっとり。驚きました。
今度温泉に行く時は小さなボトルを持って行こう。

そうそう、露天風呂で空を見上げていたら雪が降ってきたんです。
ほっこり温泉に浸かりながらふわふわと舞い落ちる雪。
時折、雲の隙間から月や星も見えてとても素敵でした。
美しい四季のある日本に生まれて本当に良かった。


同施設で「とちもち」と「黒まるこ」と「古代米」を買いました。

「とちもち」は初めていただきましたが、
どことなく懐かしさを感じる素朴な美味しさでした。
味を加えていない杵つき餅だったので素材の味が楽しめたかな。
触った時のずっしりとした重さと触感にびっくり。
ヒンヤリぷにぷにで気持ち良かったです。

「黒まるこ」は黒ゴマ・黒砂糖・黒蜜などを使った餅菓子です。
少し溶けしまったのでスプーンですくっていただきました。
ミネラルたっぷりそう!?とても体に良さそうな味でした。

朽木まるきゅうさんの「古代米」。

古代米

ポリフェノールやビタミンなど
体に良い栄養成分がたっぷりの黒米・赤米・緑米。
ご飯を作るときにさっそく炊こうと思います。楽しみ(*・¬・)


温泉のあとは福井県につれて行ってくれました。
北へむかう道中は色々な意味でスリリングで楽しいドライブでした。
運転していた彼氏さんはひやひやしていたのにごめんねw
もしも他の人の運転だったら怖くて固まっていたと思います。

道路に設置されていた除雪スプリンクラー。
それがもうすっごいのなんのって・・・。
はじめてみましたが色々と笑ってしまいました。
「そこまで?!」というくらいの水量が、
助手席のすぐ横やフロントガラスに直撃。
あれで事故が起きてしまうのではと思うほどで、
たまに車が下をくぐってしまうくらいの高さもありました。
あの水圧は自動洗車機顔負けの洗浄力だと思います。

そして初敦賀ラーメンを頂きました。
トンコツベースのスープにシコシコの麺。
一見普通そうなんですが個性的な味で美味しかったです。

敦賀フェリー乗り場にも行きました。
苫小牧行きのすいせんが停舶していました。

すいせん

昨年の夏、伊勢湾フェリーに乗りましたが規模が全然違いますね~。

福井銘菓の羽二重餅をお土産に買いました。

羽二重餅

キメ細かくなめらかなふんわりとした口当たり。お上品な和菓子です。

帰りは琵琶湖沿いをドライブして帰宅。
鳥人間コンテストでお馴染みの琵琶湖大橋を見ることもできました。
星空と湖の向側の街の灯がとてもきれいでした。


日曜日のお昼に念願の鯖寿司をいただきました。

鯖寿司②

とーーーーても美味しかったです(*・¬・)
鯖と酢飯の間の生姜がいい具合に甘酸っぱく
ゴマもとてもよいアクセントになっていました。
鯖が2枚でーんとのって、焼き鯖寿司は一折1300円。
特に焼き鯖寿司は初めて食べたのでとても斬新でした。

日本各地に美味しいものがたくさんありますね。
色々な美味しいものを探したいです。
べ、別に、食いしん坊じゃないんだからね?!
スポンサーサイト
【2010/01/29 22:23 】 | 滋賀 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2010.1.11 島根旅行3日目
いよいよ島根旅行も最終日になってしまいました(ノд-。)

3日目は 松江城 に行きました。

とーーーっても素晴らしいです。

千鳥が羽根を広げたように見える千鳥破風の屋根が
とても見事なことから別名「千鳥城」とも呼ばれています。
壁の大部分は黒塗りの雨覆板(下見板張り)で覆われ、
天守閣からは松江の町を360度ぐるりと見渡すことができました。

松江城

松江城天守閣

古くからの風情を残し、土や木の独特な匂いも。とても趣があります。

そして色々と生々しい部分もたくさんありました。
鉄砲狭間がたくさん。なんと94か所もあるらしいですよ?!
2階には四隅と東・西・北壁に石落としがあり
外部からは発見しにくいような構造を利用しているそうです。
「人柱伝説」など想像もつかないくらいの怖い話もあるようですね;;

山陰地方で唯一の天守が現在に残る、
宍道湖畔に築かれた美しい軍事要塞。
日本の歴史が偲ばれますね。やっぱりお城好きです!

お城や神社・お寺などへ行く度に歴史の勉強をしたくなります。
他にも勉強したい事がいくつかあるので、
図書館で本を探したり、行った場所を調べたり、
少しずつ楽しく勉強できたらいいな~。

ちなみに松江城は現存天守です。
江戸時代以前建造の天守を有する城郭の1つ。
日本には12か所しかなく、北から

 1:弘前城(青森県)
 2:松本城(長野県)
 3:丸岡城(福井県)
 4:犬山城(愛知県)
 5:彦根城(滋賀県)
 6:姫路城(兵庫県)
 7:松江城(島根県)
 8:備中松山城(岡山県)
 9:丸亀城(香川県)
10:高知城(高知県)
11:松山城(愛媛県)
12:宇和島城(愛媛県)

です。いつか全部制覇したいな。
一番気になるのは友達が近くに住む犬山城かな。


帰りは雪道ドライブ。今シーズン初めてのスキー場も見れました。

大山雪

安富PAでゆずソフトクリームを食べました。これもおいしいっ!!!
すごく嬉しい顔をしている自分の写真に笑ってしまったり。

新幹線の時間が気になってしまいましたが早めに京都に到着~。
さすがです。長時間の運転おつかれさま&ありがとう♪

猫ちゅ

本当に楽しくてあっという間だった二泊三日の島根旅行です。
なんだか旅行中の写真が子供の頃の笑顔に似ているんですよね。
成長するにつれてだいぶ変わったと思っていたのですがとても不思議です。
ずっと行きたかった場所にいけ、美味しいものもたくさん食べ、
いつもと違う事もできてすごく幸せです。

本当にどうもありがとう\(*^▽^*)/
【2010/01/27 22:49 】 | 島根 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2010.1.10 島根旅行2日目③
書きたいことが盛りだくさんの島根旅行2日目。その③です。

今回、最初の写真は旅行前に駅すぱあとでたまたま見つけた、

遙堪2 遙堪駅1

その名も よ う か ん 駅 

遙堪駅3

色々な意味でおいしそう?!
「ようかん」と読む駅名はおそらくここだけだと思います。
予想以上に喜んでもらえて嬉しかったな。
唐突に田圃道に入り辿り着いた彼氏さんにまたまたびっくり。


その後はあやしい看板とピラミッド様の建築物につられてた 来待ストーン
こういう場所、大好きですよl・ー・)

来待ストーン

(千と千尋の神隠し風に)トンネルの向こうは、フレンチレストランでした。

暗くて少し怖かったのですが、思った以上に楽しそうな所でした。
来待は、昔から大国主命が狩りの獲物をかたずをのんで待ちかまえていた場所、
男性が遠い国からやって来るお姫様を今か今かと待ちわびていた場所、
妻が戦場に赴いた夫の身を案じ、帰りを待ち続けた場所・・・。
そのままですが『来るのを待つ』という言い伝えがあるとか。
妙に引っかかる部分があるのはデジャヴでしょうか。


そして玉造温泉へ。

大きな勾玉のオブジェのある橋があったり、
川がライトアップされていたりととても幻惑的な雰囲気でした。
長楽園 の日本一広い露天風呂も気になっていたのですが
残念ながら休日の日帰り入浴はしていませんでした。

ゆ~ゆ に行ってきました。
島根県出身の建築家、高松伸さんが設計した個性的な温泉施設でした。
勾玉の形の内湯や壁を囲うように配置された露天風呂が印象的です。
泉質はつるつるとしたアルカリ性単純温泉でした。
打たせ湯気持ち良かったなぁ(*´¬`*)

玉造温泉といえば キラキラみすと を一時期使っていました。

きらきらミスト

またお世話になろうかな~。

湯上りに安来節ショーどじょうすくいも見ました。

どじょうすくい

これが・・・すごくおもしろくって終始笑ってばかり(*・ε・*)
ちょっとやってみたかったんです。でもやらなくて良かったかな?!(笑
どじょうすくいといえばホタルノヒカリで綾瀬はるかさんもやっていましたね。
千葉県や群馬県からのお客さんが意外といて親近感がわきました。
お土産で手拭いを貰いました。頭にまかなくっちゃ?!

夜御飯は松江駅付近の「だいず亭」で
奥出雲産もち豚ロースの豆乳しゃぶしゃぶをいただきました。
いやー、豚さんとこだわり雑炊すごく美味しかったです。

その後はまたまた玉造温泉へ。楽しかったね。
2日目の日記はこれでおしまいです。
おやすみなさい~。
【2010/01/25 23:37 】 | 島根 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2010.1.10 島根旅行2日目②
2日目2度目です。

さてさて、お昼ごはん、ごはん~♪

出雲大社付近の八雲というお店で出雲そばを頂きました。
三色割子を頼みました。さんしょく「わりこ」ではなく「わりご」です。

三色割子

たぬき、月見、とろろ。
とってもおいしかったです。 し あ わ せ (*´ー`*)
香り高く歯ごたえのあるお蕎麦でした。
徳利に入った御出汁がまた美味しく、
蕎麦をいただいて割子に残ったものを飲んでしまうほど。
この中では私はたぬきが一番好きでした。
冷たいお蕎麦なら油がでなくていいね♪

お蕎麦も家のお土産に買っていけば良かったな;;

出雲そばの特徴は殻がついた状態で蕎麦を挽くので
色黒でこしがあり、極めて香りが高く、栄養価にも優れているそうです。
戸隠そば(長野県)、わんこそば(岩手県)と次いで日本三大蕎麦の一つ。

出雲地方では昔から重箱のことを割子(割盒とも)と呼んでおり、
長方形やひし形など角があるものが多かったそうです。
それが明治40年頃に当時の松江警察署長の発議により
ヒノキを用いた丸形の漆器に変わったと言われています。
当時は食品衛生管理は警察の管轄だったようで、
割子が四角形であると四隅が洗いにくく衛生的に問題があるからと。
確かに角っこは洗いにくく汚れが残ると食中毒の原因になりますしね。
うんうん、妙に納得です(*・ー・)>”


そして表参道の神門通りを散策。

神門通りマップ

参道の商店街、大好きです。

一番気になったのが Zenzaiological Society of Japan.
その名も日本ぜんざい学会。壱号店。

日本ぜんざい学会

もちろんいただきますよねっ?!

抹茶ぜんざい

彼氏さんが出雲ぜんざいを頼み、私は抹茶ぜんざいにしました。
出雲ぜんざいは思ったよりも塩気が強く良いアクセントに。
ちょっと珍しい味なのかなぁとも思いましたが、
さっぱりしていて甘すぎず美味しかったです。

そうそう、「ぜんざい」と「おしるこ」について。
昔の日経新聞に「食の方言」としてこんな記事が載っていたそうです。
<ぜんざいとお汁粉>
小豆を煮てもちを入れた甘い食べ物を何と呼ぶかを聞いた。
新潟-長野-静岡を結ぶラインより東は「お汁粉」が圧倒的に多く、
それより西は逆に「ぜんざい」が支配的。


インターネットで調べたり、職場の人に聞いたりしたんですが、
色々な答えがあっていまいちはっきりした答えが出ません;;
上の記事のように地域差があるようで、
関東の場合は小豆あんの汁物全般を「しるこ」と呼ぶ。
「ぜんざい」は粟もち、白玉もちなどに濃いあんをかけたもの。
関西になると、粒のないものをしるこ、粒があるものをぜんざいというのかな。
このページが一番近いかしらl・ー・)っ 善哉と汁粉


出雲大社前駅。

出雲大社前駅

一畑電車。とーーーっても可愛いです。

一畑電車大社線

そういえば各駅停車が黄色で急行が青。
この懐かしく愛おしい組み合わせは…、
JR総武線とおなじじゃないですかっ。


旧大社前駅。
「日本の建築200選」に選ばれた、神社様式を取り入れた駅舎です。

旧大社前駅

明治45年6月に出雲市~大社間にて開業して以来、
平成2年の廃駅まで出雲大社の表玄関口でした。
平成16年に国の重要文化財に指定されたそうです。
今でも駅名標や出雲大社の大鳥居が見えるホームなどが
当時のままに残されています。
山陰線開通以来走り続けていた蒸気機関車も昭和49年11月30日に
本州を最後に走ったD51型774号機が駅に飾られているんですって。
17時までだったのであいにく見ることができませんでしたが、
外観だけでも十分素晴らしい価値がありました。
D51型774号機くんに会いにまた行こうね。


ま、ま、まさかの島根旅行2日③へ突入です。
お蕎麦とぜんざいについて語りすぎました。ごめんなさい!
【2010/01/17 19:12 】 | 島根 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2010.1.10 島根旅行2日目①
島根旅行2日目。

最初は日本国内で7番目に大きい湖で周囲約45kmの宍道湖です。
宍道湖ふれあいパークで、広々とした宍道湖を一望できました。
少し寒かったけどとっても気持ち良かったです(*・ー・)b

宍道湖1

宍道湖2

ちなみに1位は琵琶湖(滋賀)で2位は茨城の霞ヶ浦
その後サロマ湖(北海道)、猪苗代湖(福島)、中海(島根)、
屈斜路湖(北海道)、宍道湖(島根)と続きます。

汽水湖なので少しだけ塩気がありました。
脱水症状にちょうど良さそうな塩化濃度?!
スズキ、モロゲエビ(ヨシエビ)、ウナギ、アマサギ(ワカサギ)、
シジミ、コイ、シラウオが獲れる代表的な魚介で宍道湖七珍と呼ばれています。
それぞれの頭一文字をとって「スモウアシコシ」として覚えるんですって。
地理の試験にでるかもしれませんよ!?

後日談ですが近所のスーパーで宍道湖産のシジミが売っていました。

宍道湖しじみ

さっそくシジミ汁にしていただきました。
少し高めですがやっぱり美味しかった~。
全国のシジミ漁獲量1万9295トン中、約39%の7500トンが宍道湖産だそうです。
こっそり気になる日本シジミ研究所l・ー・)っJapan Corbicula Reserch Institute


そして宍道湖沿いをドライブして出雲大社へ向かいました。

出雲大社とは大国(黒)様こと大国主大神(大国主命)を祭神とする古社。
出雲神話では大国主命が天照大神に出雲の国を譲った際に
建てられたとされています。古代ロマンだわぁ♪
出雲大社は現在は平成の大遷宮が行われており、
御本殿を囲む垣根の周囲北側一帯が立ち入り禁止になっておりました。

高さ23mの出雲大社大鳥居。
上部の「出雲大社」の額は約6畳分の大きさだそうで、
すでにスケールがおっきいです。胸が高鳴ります!

出雲大社大鳥居


御仮殿。

御仮殿

普段は拝殿ですが平成の大遷宮に伴い2013年5月に予定されている
本殿遷座式までの間は大国主大神の御仮殿になっています。
本殿遷座式後にもまた連れていってくださいね。


神楽殿の大注連縄。

大注連縄

大注連縄に小銭を投げている人がいて最初は何事かと思ってしまいました。
うまく刺さると御利益があると言われているそうです。
何度も何度も挑戦してるたくさんの人々の中で、
一発で小銭を刺してしまった彼氏さんに驚きました。
しかも一円玉を含めトータル15円も刺してくれました。
6枚も…、本当にすごいです


左側は東十九社。

出雲大社

旧暦10月の神在月の際に全国から訪れた神々の宿舎です。
神妙不可思議な雰囲気にとても惹かれてしまいました。


家用に購入した獅子頭とお土産の縁結ばれ。

獅子頭  縁結ばれ

出雲大社はどこも厳かで神秘的な雰囲気。気持ちが引き締まりました。
出雲大社・玉造温泉は今まで気になっていましたが、
遠くてあきらめていた場所なのですごく嬉しかったです。

幸せなご縁が結ばれますように…

そして出雲風土記を読みたくなりました。図書館で探してみようと思います。

長くなってしまいそうなので2日目の続きはまた後程。
【2010/01/16 15:37 】 | 島根 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2010.1.9 島根旅行1日目
今年最初の三連休、島根県へ旅行に行ってきました。
1日目は移動と今回の旅館 『安来苑』 でゆっくり。
ドライブは山あり、谷あり(?!)、雪あり、美味しいものありでした。

西宮名塩SAでたこ焼きを買いましたが、
運転中にたこ焼きは向きませんでしたね。ごめんよぅ。

蒜山SA。積雪です!
新幹線で関ヶ原付近を通り過ぎた時に吹雪をみましたが、
実際に雪を踏むのは久しぶり。思わずはしゃいでしまいました。

蒜山SA

蒜山ではジャージーソフトクリームと牛乳をいただきました。
どちらも濃厚で美味しかったです。
ひるぜんバーガーも気になりましたが売り切れでした。

そうそう、ほうじ茶ラテなるものも飲みました。
え?うん。変わった味。まあまあなかなか。
うーん、でもほうじ茶はラテにしない方がいいかな。
そういえばスタバやフレッシュネスバーガー、
KOOTS CAFEなどでも最近よく見かけますね、ほうじ茶ラテ。流行り?!
こんなのもありましたよl・ー・)っ 辻利久のスティッククラブほうじ茶ラテ


雪景色。見てるだけで元気になってきます。

雪景色


大山。標高1729m。

大山

あいにくのお天気で雄姿を拝む事ができませんでしたが、
さっそく登山してみたい山の一つになりました。
往復約6時間だそうで体力つけておかなくちゃね。
l・ー・)っ 大山登山HP


そして18時頃に安来苑に到着しました。
長時間の運転おつかれさま&どうもありがとう。
こぢんまりとした可愛いお宿でした。
どじょうすくいの安来節の安来です。

お料理とても美味しかったです。

お料理 お料理2

松葉ガニにイノシシ鍋にドジョウ料理。
ドジョウ料理は色々な意味で少し苦手だったのですが
骨も気にならず美味しかったです。安来苑にして良かったなぁ。
松葉ガニの胴体部分を上手にとれる方法を彼氏さんが教えてくれました。
これはすごい…っ、恐れ入りました(o_ _)o

温泉は時間制限のない貸切風呂があり、
お客さんもあまり多くなかったのでゆっくりと入泉できました。
はぁ…、幸せ♪

貸切風呂は内湯と露天風呂があり、露天はとても広くて快適でした。

貸切風呂内湯

安来苑内風呂

貸切露天風呂

安来苑露天風呂

お風呂大好きで長湯には自信がありましたが、
あまりに気持ちが良くて久しぶりにのぼせてしまいました・・・。
結局お風呂は4回も入ってしまいました。フフフ。

2日目に続きます
【2010/01/14 22:29 】 | 島根 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2010.1.2 京都初詣
こちらのブログでは少し遅れてしまいましたが、
謹んで新春のご祝詞を申し上げます。

今年の初詣は藤森神社・吉田神社・平安神宮・下鴨神社へ参拝しました。
森見登美彦さんの作品にどっぷりとはまっているので、
お馴染みの神社や場所に行けて嬉しかったです。


藤森神社ではとても美人さんな猫がいました。

藤森神社 猫

思わず抱っこ(/*・ー・)/


平安神宮は中学の修学旅行で来た事がありました。
今回は右近の橘がなっていました。左近の桜も楽しみですね。
大極殿に座る天皇から見て左側にあるので「左近の桜」、
右側にある橘は「右近の橘」と名付けられた。
・・・と先生が仰っていた事を思い出しました。


お次は吉田神社。

吉田神社

吉田神社の末社「神龍社」に続く階段。
途中で少し数え間違えましたが本当に100段でした。

100段階段

祭神は「大元宮」の創始者の吉田兼倶。
社までの石段に因んでいるのか「百段さん」という名称で親しまれているらしい?!
吉田山公園の方まで行きました。落ち葉の絨毯がとてもステキでした。
吉田神社の南参道の横道にはごにょごにょ


そして最後は山城の国一宮の下鴨神社。

糺の森

色々と印象深い下鴨神社の社叢林『糺の森』。
初詣で参拝者が多かったのですが時期をかえて
ゆっくりのんびりお散歩したい場所ですね。古本市も行きたいです。

下鴨神社

今年の御神籤は下鴨神社で引きました。
結果は小吉でしたが、正月早々とても驚く結果でした。頑張ろう♪

とても可愛いちりめん生地の媛守を買ってくれました。
同じ柄は2つとなさそうで迷ってしまいましたが、
ビビビっときた紅葉の柄にしました。
紅葉大好きだし11月生まれだしね。
お揃いがすごく嬉しくて。
どうもありがとう。
大切にします!

相生社には2本の木が幹の途中から1本に結ばれている『連理の賢木』。
年をとって枯れると糺の森のどこかに自然と跡継ぎの木が生まれるそうです。
現在は4代目とか。とても不思議な御神木ですね。

下鴨神社2

もちろんお参りしてきました。

楽しい事や嬉しい事が本当にたくさんあった三箇日でした。
短い時間だったので迷いましたが行ってよかった。

ちなみに今年の目標は『自己啓発』です。
ブログのタイトルのようにはんなりと心身共に美しく、
自分自身の向上を目指して色々な事を頑張りたいと思います。
まだまだ不束者な私ですが今年もどうぞよろしくお願いいたします(o_ _)o

【2010/01/12 21:39 】 | 京都 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。