スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
2010.3.6~7 首都高ドライブ・かつ勢(茨城県取手市)
彼氏さんが出張で関東に来ました♪

6日の夜は東京スカイツリーを見て、首都高ドライブに連れて行ってくれました。

東京スカイツリー

スカイツリーは3月20日現在もう328mだそうです。
毎日のように地元から眺めている私ですが、真下で見るとさすがの大大大迫力。

夜の首都高ドライブは夜景がとても綺麗でした。
特にC2が街を見下ろせて素敵だったなぁ。
ぐるーっと回って横浜の方も行きました。残念ながら大黒PAは閉鎖中。
綺麗な夜景にはしゃぎ、声がかれてしまいました…(笑

7日はのんびり過ごして、トンカツのかつ勢に行きました。
本では場所が分からず取手駅交番のお巡りさんに道を尋ねてみたり。
お疲れ様です(*・ー・)>”

かつ勢は、東京・青山の有名店「まい泉」で8年間修業し独立。
芋と麦で育てた榛名ポークはやわらかく、臭みのない肉質で、脂には旨味がある。
米もこだわりの筑波産豊穣米を使用。だそうです。

私はロースカツを注文しました。
衣はサクッとお肉はふんわりジューシーですごく美味しい。
ヒレカツももちろん美味しかったです。

かつ勢

そして自家製の醤油風ドレッシングがまたまた美味しくてびっくりしました。

気になっていた自家製レモンシャーベット。なんと100円!
これはさっぱりすっきりおいしい&お値段も嬉しい♪
かつ勢にまた来たら必ず食後に頼もうと思った一品でした。


本で見つけた茨城県牛久市正直町(しょうじきまち)。
こういうのが大好きな私達。もちろん探しに行きました。フフフ。

正直町

そういえばこんな四方山話も聞いたことがあります。
l・ー・)っ 正直者の国へ

茨城散策まだまだ続くよ~
【2010/03/25 22:44 】 | 茨城 | コメント(2) | トラックバック(0) |
2010.2.26~28 乳楽屋さん・300系のぞみ
おひさしぶりの京都です。
今回はなんと偶然300系のぞみに乗車できました~♪
700系、N700系の1,5倍くらい大きい側面窓。ブラウンのシート。
地元の券売機で運よく窓側のE席が買えたので、
東京から京都までずーっと外を眺めていました。
掛川駅付近で車窓からライトアップされた掛川城を発見。
700系、N700系より振動が気になりましたが問題なしっ。
大きな窓でとっても快適でした。

京都駅に到着後、撮り鉄になったつもりでカメラを向ける私。

300系のぞみ

・・・はい。全然ダメですね。・゜・(/Д`)・゜・。

500系のぞみも丁度2月28日にラストランでしたが、
2011年に300系のぞみも東海道新幹線から引退するそうです。
現在も「のぞみ」への充当は臨時列車がほとんど。
乗れて本当に良かったなぁ。また乗りたいです!


近衛通にある乳楽屋さん。

乳楽屋さん

ソフトクリームと聞いたらもちろん食べたくなるよね、ね?!
蒜山ジャージーソフトクリームをいただきました。
牛乳屋さんのソフトクリームだけあって本当においしかったです。
たっぷりだったのにあっという間になくなっちゃました。

彼氏さんの用事があって車の中で待ってたのですが、
小学生位の男の子2人とお母さんがお店の前にいました。
男の子の1人と目があったので手を振ったら、
赤い顔をして後からきたお父さんに隠れてしまいました。
「うわ、かわいぃぃぃぃぃぃ」
と思ったら帰り際にちらっと笑顔で手を振ってくれました。
もぉぉぉぉぉぉぉぉぉ、本当に可愛い。イチコロです(*´ー`*) 
その他にも嬉しそうな顔をしてソフトクリームを買っていく子達。
子供さん達とお店の方の笑顔がとても印象的なお店でした。


ラーメンの 第一旭 にも行きました。
そんなにお腹が空いてない中でもついつい箸が進むおいしさ。
2人で特製醤油ラーメンとキムチチャーハンと餃子をいただきました。
スープも麺も焼き豚も九条ネギも緑豆もやしも文句なし。
この質と量で600円って…。東京のラーメンはどんだけ高いんですか(o_ _)o


今週はまったりのんびり過ごしました。
オフィスにお邪魔したり、パソコンの組み立てを見せてもらったり、
ご飯がとってもおいしかったり、飛行機がトビウオだったり、楽しかったです。
2月中はお疲れさまでした。本当に頑張ったよね。
大丈夫って信じてたけどすごく尊敬しています。
【2010/03/01 23:14 】 | 京都 | コメント(2) | トラックバック(1) |
2010.2.5~7 緑寿庵清水・北野天満宮・桃山
夢と、どん兵衛と、ドクターペッパーをトラベルバックに詰め込んで。

た っ だ い ま ~ (* ´ ▽ ` )ノ

待ち合わせまで京都タワーを見上げてほっと一息。
目の前の高速バスは新宿行き。
つい3時間前まで東京にいたのになんだか不思議な感じです。

京都タワー

京都タワーが灯台をイメージして作られたのは本で読みましたが
なんで京都で灯台なんだろう?と、ふと思いました。
調べてみたら京都市内の町家の瓦葺きを波に見立てて、
海のない京都の街を照らす灯台をイメージしたそうです。
ちょっとロウソクっぽい感じもするなぁって思っていたら、
近くに東本願寺があることから「お東さんのローソク」とも呼ばれているようです。
大好きな京都タワーですが、帰りは近付くにつれて悲しくなります。


6日は大雪でした
彼氏さんの家の近くではお天気雪。
日照る中で北風に吹かれて舞う雪はまるで花吹雪のよう。
初めて見た不思議で素敵な光景でした。
北に行く&時間が経つにつれ本格的な雪に変わりました。

手作り金平糖の 緑寿庵清水 へ連れて行ってもらいました。
車を降りるとお砂糖のいい香りがふわぁん・・・(*´ー`*)
金平糖は幼稚園の頃から大好きだったのですが、
もっと好きになったのは彼氏さんのおかげです。
数年前の誕生日に一番感謝したい母と喧嘩をしてしまい、
辛かった中で緑寿庵清水の金平糖が届いたんです。
すごく嬉しくて、どこか救われた気がしました。

金平糖

店内には五代目の清水泰博さんがいらっしゃいました。
今回はめろんと生姜と蕎麦の実黒糖の金平糖を買いました。
生姜の金平糖は母が大好きなのでプレゼント。
めろんは核が大きいのでほろほろした食感でした。
いつもは少しづつちびちびいただくのですが・・・。と、とまらないよ?!


北野天満宮にも連れて行ってもらいました。

北野天満宮

天神様といえば学問の神様、菅原道真公。
受験シーズンで本当にたくさんの方がお参りに来ていました。
私の受験も近所の亀戸天神にお参りして合格ばかりです。
天神様、いつもありがとうございます。
今回もどうぞよろしくお願い致します。

「美しや 紅の色なる 梅の花 あこが顔にも つけたくぞある」
「東風吹かば にほひおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」

と詠まれた菅原道真公。ことのほか梅を愛されていました。
北野天満宮には50種約1500本の梅があるそうです。
まだ寒さの厳しい中で色鮮やかに凛と咲く梅の花。私も大好きです。
まだぼちぼち咲きでしたがとても素敵でした。
3月にお礼参りにいけるといいな。

北野天満宮境内茶屋で 長五郎餅 も買いました。
豊臣秀吉公が北野大茶会でお気に召され
店主の名をとり”長五郎餅”と名付けられた由緒正しきお餅です。
薄い餅皮に甘さ控えめの餡がとても上品なお菓子でした。
書いててまた食べたくなってきたっ…(*・¬・)っ旦~


そこから京都市を少し北上。
黒いコートがあっという間に真っ白になるくらいの雪でした。
私は初めての叡電にのりました。はぁ、可愛いわぁ。
雪の中を走る列車はとてもロマンチックでした。でも私はドキドキっ。


10日はドライブと桃山のMOMOにお買い物に行きました。
いいお天気だったのでとっても気持ち良かったです。
お金を節約中なのでウィンドウショッピングになりがちですが、
色々なお店を見て回るの楽しいです。二人だともっと楽しいね。

宇治抹茶のカプリコいただいたよ~。

カプリコ

ちゃっかり妹の分までっ。どうもありがとね。すごく喜んでたよ。
宇治抹茶のチョコは表面だけだったけど美味しいっ。
やっぱりカプリコ小さくなった気がする(。-`ω-)


今回の目的はあまり果たせませんでしたが会えて良かったです。
寂しくないといったら嘘になるけど、今は頑張ってほしい。
私も夢に向かって色々と頑張ります。
【2010/02/13 22:32 】 | 京都 | コメント(2) | トラックバック(0) |
2010.1.22~24 京都・滋賀(朽木)・福井(敦賀)
1月22日18時10分。東京発のぞみ53号に乗りました。

今回はほぼ定時に職場を出たので、いつもより早く京都に到着。
最初の頃は「京都まで来た」という気持ちが強かったのですが、
だんだんと馴染み深くなっている自分に気付きました。
日本の歴史や情緒がたっぷりで、
大切な人の住む京都が私は大好きです。

待ち合わせまで駅の構内でお土産を探していました。
お漬物と京野菜(特に九条ねぎ)がいつも気になってしまいます。
さすがに新幹線でおネギを持ち帰るわけにはいきませんねっ。
今回は家族に小物のお土産を買うつもりだったのですが、
可愛いものがたくさんで悩んでしまい時間が足りませんでした(ノ_;)
本当はいつもお世話になってる職場の方々にも
お土産を渡したいなって毎回のように思うんです。
お忍びでごめんなさい。

一目惚れしてしまい即決購入。ちりめんの定期入れ。
下鴨神社の媛守りとおそろいの紅葉です。

定期入れ1


土曜日は 鯖街道 を通り、滋賀県の朽木にある くつき温泉てんくう にいきました。

鴨川沿いの川端通りをまっすぐドライブ。

鴨川沿い

比叡山。

比叡山

延暦寺は最澄(伝教大使)でしたね。
空海(弘法大使)は高野山の金剛峰寺です。


京都市左京区出町柳からの鯖街道。朽木までは国道367号線。
その昔、若狭湾でとれた鯖を夜も寝ないで京都に運んだ街道です。
京は遠ても十八里~♪と歌いながら昔の足で2日の旅。
京都に着く頃にはちょうどよい塩加減になったと言われ、
いつしか鯖街道の名がついたそうです。

鯖寿司のお話を聞いて食べたくて仕方なかった私。
まる姫で無事に購入する事ができました~。

鯖寿司①

インターネットで営業時間は不明と書いてありましたが、
女将さんに尋ねたところ本当に不明でした(笑
焼鯖寿司と鯖寿司を1本ずつ購入。嬉しかったです。
あとは試食ですごくおいしかった自家製のゆずみそ。
次に京都に行く時まで残っているかしら?
鯖の味噌煮定食もとても美味しそうでした。


グリーンパーク想い出の森内のくつき温泉てんくうに到着。
普通の女性風呂と木の湯。趣きの違う二種類のお風呂を楽しむ事ができました。

泉質はアルカリ性単純温泉。
少しとろみのついたお湯でした。
湯上がりはお肌すべすべ、時間がたつと驚くほどもちもちしっとり。
化粧水がなかったのでヒルロイドソフトを温泉で溶いて代用したのですが、
この季節にそれだけで長時間しっとり。驚きました。
今度温泉に行く時は小さなボトルを持って行こう。

そうそう、露天風呂で空を見上げていたら雪が降ってきたんです。
ほっこり温泉に浸かりながらふわふわと舞い落ちる雪。
時折、雲の隙間から月や星も見えてとても素敵でした。
美しい四季のある日本に生まれて本当に良かった。


同施設で「とちもち」と「黒まるこ」と「古代米」を買いました。

「とちもち」は初めていただきましたが、
どことなく懐かしさを感じる素朴な美味しさでした。
味を加えていない杵つき餅だったので素材の味が楽しめたかな。
触った時のずっしりとした重さと触感にびっくり。
ヒンヤリぷにぷにで気持ち良かったです。

「黒まるこ」は黒ゴマ・黒砂糖・黒蜜などを使った餅菓子です。
少し溶けしまったのでスプーンですくっていただきました。
ミネラルたっぷりそう!?とても体に良さそうな味でした。

朽木まるきゅうさんの「古代米」。

古代米

ポリフェノールやビタミンなど
体に良い栄養成分がたっぷりの黒米・赤米・緑米。
ご飯を作るときにさっそく炊こうと思います。楽しみ(*・¬・)


温泉のあとは福井県につれて行ってくれました。
北へむかう道中は色々な意味でスリリングで楽しいドライブでした。
運転していた彼氏さんはひやひやしていたのにごめんねw
もしも他の人の運転だったら怖くて固まっていたと思います。

道路に設置されていた除雪スプリンクラー。
それがもうすっごいのなんのって・・・。
はじめてみましたが色々と笑ってしまいました。
「そこまで?!」というくらいの水量が、
助手席のすぐ横やフロントガラスに直撃。
あれで事故が起きてしまうのではと思うほどで、
たまに車が下をくぐってしまうくらいの高さもありました。
あの水圧は自動洗車機顔負けの洗浄力だと思います。

そして初敦賀ラーメンを頂きました。
トンコツベースのスープにシコシコの麺。
一見普通そうなんですが個性的な味で美味しかったです。

敦賀フェリー乗り場にも行きました。
苫小牧行きのすいせんが停舶していました。

すいせん

昨年の夏、伊勢湾フェリーに乗りましたが規模が全然違いますね~。

福井銘菓の羽二重餅をお土産に買いました。

羽二重餅

キメ細かくなめらかなふんわりとした口当たり。お上品な和菓子です。

帰りは琵琶湖沿いをドライブして帰宅。
鳥人間コンテストでお馴染みの琵琶湖大橋を見ることもできました。
星空と湖の向側の街の灯がとてもきれいでした。


日曜日のお昼に念願の鯖寿司をいただきました。

鯖寿司②

とーーーーても美味しかったです(*・¬・)
鯖と酢飯の間の生姜がいい具合に甘酸っぱく
ゴマもとてもよいアクセントになっていました。
鯖が2枚でーんとのって、焼き鯖寿司は一折1300円。
特に焼き鯖寿司は初めて食べたのでとても斬新でした。

日本各地に美味しいものがたくさんありますね。
色々な美味しいものを探したいです。
べ、別に、食いしん坊じゃないんだからね?!
【2010/01/29 22:23 】 | 滋賀 | コメント(0) | トラックバック(0) |
2010.1.11 島根旅行3日目
いよいよ島根旅行も最終日になってしまいました(ノд-。)

3日目は 松江城 に行きました。

とーーーっても素晴らしいです。

千鳥が羽根を広げたように見える千鳥破風の屋根が
とても見事なことから別名「千鳥城」とも呼ばれています。
壁の大部分は黒塗りの雨覆板(下見板張り)で覆われ、
天守閣からは松江の町を360度ぐるりと見渡すことができました。

松江城

松江城天守閣

古くからの風情を残し、土や木の独特な匂いも。とても趣があります。

そして色々と生々しい部分もたくさんありました。
鉄砲狭間がたくさん。なんと94か所もあるらしいですよ?!
2階には四隅と東・西・北壁に石落としがあり
外部からは発見しにくいような構造を利用しているそうです。
「人柱伝説」など想像もつかないくらいの怖い話もあるようですね;;

山陰地方で唯一の天守が現在に残る、
宍道湖畔に築かれた美しい軍事要塞。
日本の歴史が偲ばれますね。やっぱりお城好きです!

お城や神社・お寺などへ行く度に歴史の勉強をしたくなります。
他にも勉強したい事がいくつかあるので、
図書館で本を探したり、行った場所を調べたり、
少しずつ楽しく勉強できたらいいな~。

ちなみに松江城は現存天守です。
江戸時代以前建造の天守を有する城郭の1つ。
日本には12か所しかなく、北から

 1:弘前城(青森県)
 2:松本城(長野県)
 3:丸岡城(福井県)
 4:犬山城(愛知県)
 5:彦根城(滋賀県)
 6:姫路城(兵庫県)
 7:松江城(島根県)
 8:備中松山城(岡山県)
 9:丸亀城(香川県)
10:高知城(高知県)
11:松山城(愛媛県)
12:宇和島城(愛媛県)

です。いつか全部制覇したいな。
一番気になるのは友達が近くに住む犬山城かな。


帰りは雪道ドライブ。今シーズン初めてのスキー場も見れました。

大山雪

安富PAでゆずソフトクリームを食べました。これもおいしいっ!!!
すごく嬉しい顔をしている自分の写真に笑ってしまったり。

新幹線の時間が気になってしまいましたが早めに京都に到着~。
さすがです。長時間の運転おつかれさま&ありがとう♪

猫ちゅ

本当に楽しくてあっという間だった二泊三日の島根旅行です。
なんだか旅行中の写真が子供の頃の笑顔に似ているんですよね。
成長するにつれてだいぶ変わったと思っていたのですがとても不思議です。
ずっと行きたかった場所にいけ、美味しいものもたくさん食べ、
いつもと違う事もできてすごく幸せです。

本当にどうもありがとう\(*^▽^*)/
【2010/01/27 22:49 】 | 島根 | コメント(0) | トラックバック(0) |
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。